【アスペルガー.com】〜子供のアスペルガー症候群〜


sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
asuperugaa★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。





sponsored link





ここでは子供のアスペルガー症候群について、詳しく説明しています。

アスペルガー症候群は特性として知的障害を伴わず知的レベルは問題ないので、幼児期には比較的見つかりにくいのが特徴です。しかし、子供の内にアスペルガー症候群のサインが現れていて、それらを見過ごしていることも少なくありません。
子供は一般的に4歳ごろから保育園や幼稚園など集団で行動する機会が増え始めます。アスペルガー症候群の子供の場合は、マイペースで居たいが為に集団行動はかなり苦手で孤立しがちです。また他人の感情に興味がなく、他人が遊んでいるおもちゃを無理矢理取り上げたりして、一見わがままで乱暴者のように見られてしまいます。
小学校に上がる頃には、授業中や行事の際に姿勢を正し静かに聞くということが苦手で、よく注意されてしまうでしょう。また友達が少なく、自分からも周りと接しようとしなかったりと同年代の友達とは上手くいかないことが多いです。そして、この頃から至る所に自分なりのこだわりが外面上強く現れ始めます。思春期を迎える頃には、アスペルガー症候群の症状でご紹介している例が見られるようになるでしょう。

アスペルガー症候群を持つ子供を育てていく上で大事なのは、「常に言葉通りに伝える」ことだと個人的に考えます。聞いた事を言葉通りそのまま受け取ってしまうほど素直なので、建前や抽象的な表現をすると、かえって悪影響を及ぼすことが増えてしまいます。親心からついつい綺麗事を言ってしまいがちですが、その言葉通りに受け取ることが本当に幸せなのかどうか、常に考えながら育てていくことが重要でしょう。


⇒ アスペルガー症候群の症状

⇒ 大人のアスペルガー症候群


sponsored link



copyright©2013  【アスペルガー.com】〜アスペルガー症候群とは〜  All Rights Reserved