【アスペルガー.com】〜アスペルガー症候群とは〜


sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
asuperugaa★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。





sponsored link





ここではアスペルガー症候群について、詳しく説明しています。

アスペルガー症候群とは自閉症の一種で、生まれ付き脳機能の一部の障害によって発達障害が生じる病気です。具体的には、他人とのコミュニケーション能力に欠けスムーズな人付き合いに困難が生じてしまうものです。ただ他人の気持ちへの配慮やマナー、「空気を読む」といったことが苦手な反面、芸術や技術など特定の分野では驚異的な才能を発揮することが多いのも特徴です。自閉症は3歳までに言語発達の遅れなどが現れ、それと診断できるものを指しますが、アスペルガー症候群は幼児期には比較的に分かりにくく、成長と共に浮き彫りになっていくものを指します。また、いじめなどの精神的ストレスによる後天的な理由のものも混同されがちですが、そうではなくあくまで原因は先天的な脳機能の障害にあります。

アスペルガー症候群は、オーストラリアの小児科医ハンス・アスペルガーが1944年に初めて発表されました。しかしオーストラリアが敗戦国だったことも手伝って、彼が死去する1980年まで広く認識されることはなく、亡くなった翌年の1981年にイギリスのローナ・ウィングという精神科医の功績によって世に広まり、彼の死後その功績を改めて評価されるきっかけとなりました。


⇒ 自閉症とは

⇒ サヴァン症候群とは

⇒ プラダーウィリー症候群とは


sponsored link



copyright©2013  【アスペルガー.com】〜アスペルガー症候群とは〜  All Rights Reserved